企業・採用情報沿革

沿革

お多福の“ものづくり”は、 ~人々に喜びと幸せを広めることを自らの喜びとする~
創業者 佐々木清一の想いから始まりました。

沿革

1920s-

1922年(大正11年) 佐々木清一が広島市横川町で、酒、醤油類の卸小売
業「佐々木商店」を創業
1938年(昭和13年) 醸造酢の製造を開始、ブランド名を「お多福酢」とする
1945年(昭和20年) 原爆投下により全焼
1946年(昭和21年) 広島市祇園町長束の酒造蔵を借り受け、 醸造酢の製造を再開
1950年(昭和25年) ソースの製造・販売を開始
1952年(昭和27年) お多福造酢株式会社を設立
広島市大芝町へ工場移転
新製品「お好み焼用」ソース発売
1955年(昭和30年) 新製品「全糖寿司酢」、「全糖らっきょう酢」発売
寿司酢、らっきょう酢

1960s-

1960年(昭和35年) 新製品「焼そばソース」発売
1964年(昭和39年) 新製品「たこ焼ソース」発売
1969年(昭和44年) チクロ問題が勃発し、回収、交換に追われる
1975年(昭和50年) デーツ使用開始
オタフクソース株式会社に社名を変更
1978年(昭和53年) 広島市西区商工センターに本社工場移転
業界に先駆け紙容器にソースを詰め発売
本社工場
1982年(昭和57年) 業界に先駆け樹脂容器フクボトル(500g)を採用
1986年(昭和61年) ウスター・中濃・濃厚ソース、食酢などJAS認定(農林水産大臣)
お好みフーズ株式会社設立
1987年(昭和62年) 東京にお好み焼研修センター開設
1990年(平成2年) 大和工場、造酢専門工場として完成、稼働
1991年(平成3年) 本社工場高層化工事スタート
1998年(平成10年) お好みフーズより新製品「お好み焼こだわりセット」発売
お好み焼課発足
名古屋、大阪、福岡にお好み焼研修センター開設
OTAFUKU USA, Inc. 設立(2000年に Otafuku Foods,inc. に社名変更)
1999年(平成11年) お多福醸造株式会社設立

2000s-

2000年(平成12年) お好み焼キャラバンカー「団らん号」活動開始
岡山にお好み焼研修センター開設
2002年(平成14年) 本社工場高層化工事完成
2005年(平成17年) ユニオンソース株式会社と業務・資本提携
2006年(平成18年) 高松にお好み焼研修センター開設
2008年(平成20年) WoodEggお好み焼館開設
第41回食品産業功労賞受賞(日本食糧新聞社)
第38回食品産業技術功労賞受賞(食品産業新聞社)
WoodEggお好み焼館
2009年(平成21年) 持株会社制へ移行
仙台にお好み焼研修センター開設
事業所内保育園「オタフクふっくる保育園」開設
オタフクふっくる保育園

2010s-

2010年(平成22年) オタフクキャベツ農場で新入社員キャベツ研修開始
本社工場 広島県食品自主衛生管理認証取得
オタフクキャベツ農場
2011年(平成23年) 日光工場増床
大和工場 広島県食品自主衛生管理認証取得
2012年(平成24年) オタフク東京本部ビル開設
2013年(平成25年) おもてなし経営企業選に選出(経済産業省)
中国に青島工場完成、稼働
アメリカにロサンゼルス工場完成、稼働
LA工場
青島工場
2014年(平成26年) 一般財団法人お好み焼アカデミー設立
本社に社員食堂「○マルキ食堂」開設
本社工場と大和工場 FSSC22000取得
2015年(平成27年) オタフクR&Dセンター WillEgg開設
日光工場 ISO9001取得
R&Dセンター WillEgg
2016年(平成28年) 合弁会社OTAFUKU SAUCE MALAYSIA SDN. BHD.
設立
マレーシア工場稼働
女性活躍推進「えるぼし」企業認定(厚生労働省)
OPP株式会社設立
マレーシア工場
2017年(平成29年) オタフクソースマレーシア製品 ハラール認証取得
オタフクソース初の直営店「 Vege Love it! ベジラビット」広島市西区LECT(レクト)内に開店
Vege Love it! 店風景

メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

SNS・ブログ 公式アカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!