お好み焼きお好み焼きはヘルシー

探求!お好み焼き

重ね焼きの広島お好み焼きと、混ぜ焼きの関西お好み焼き。
基本的な具材をご紹介します。

広島お好み焼き

基本の具材:
生地、魚粉、キャベツ、天かす、青ねぎ、もやし、豚肉、麺、卵、お好みソース、青のり
材料を混ぜずに重ねて焼くので、“重ね焼き”とも呼ばれる広島お好み焼き。キャベツの甘みが際立ち、そばが入ることで一枚でも満足できるお好み焼きです。

広島お好み焼き

青のりSeaweed

海藻類の中でもマグネシウム含有量が高く、ビタミンB12やヨウ素などの栄養も含まれています。オタフクの青のりは国内産のすじ青のりを使用。鮮やかな色味と豊かな香りが食欲をそそります。

お好みソースOkonomi Sauce

オタフクお好みソースの原材料はおよそ1/4が野菜と果実。そこに、酢や塩などの各種調味料と約20種類の香辛料をブレンドしてつくられます。原材料に油を含まないノンオイルの調味料です。

Egg

卵は体に必要な栄養素のほどんどを含有し、食事から摂らなければいけない必須アミノ酸のバランスが良い、優秀な食品です。また、タンパク質の一部は加熱によって吸収率が上がるので、お好み焼きの調理法にピッタリです。

Noodles

脳の働きや運動時のエネルギーになる炭水化物は欠かせない栄養素です。炭水化物には食後の血糖値を上昇させるという特徴がありますが、キャベツに含まれる食物繊維が血糖値の上昇をゆるやかにします。

豚肉Pork

豚肉はタンパク質だけではなく、体の組織づくりに役立つ必須アミノ酸・リジンなどが含まれています。体内ではつくれない必須アミノ酸は2つ以上の食材を組み合わせて摂るとよいといわれており、お好み焼きで卵と豚肉、Wの必須アミノ酸を摂ることができます。

もやしBean Sprouts

もやしにはカルシウム、カリウム、葉酸、ビタミンB1、ビタミンC、アスパラギン酸など、様々な栄養が含まれるヘルシーな食材です。

青ねぎGreen Onions

ねぎにはビタミンB₁の吸収を高めるといわれている香り成分・アリシンが含まれています。疲労回復につながるビタミンB₁は豚肉に含まれており、ねぎを加えることでさらにビタミンB₁を補給でき、疲労回復やスタミナアップにつながります。

天かすPieces of Crisp Tempura

天かすを入れることでお好み焼きの旨味が増します。オタフクの天かす天華は、小麦粉だけでなく、いか粉(スルメ100%)をブレンドした天かすです。

キャベツCabbage

キャベツはお好み焼きに欠かせない食材。甘みや食感といったおいしさはもちろん、ビタミンCやカルシウムなどの栄養素を含む、食卓の定番野菜です。また、胃粘膜の保護や消化吸収を促す作用が期待できる栄養素・ビタミンUを保有しています。

魚粉Fish_meal

魚粉にはタンパク質が含まれており、生地全体に旨味をつけることができます。オタフクのかつお粉は昔ながらの燻製方法による香り高い風味が特徴です。

生地Batter

お好み焼きの生地に含まれている小麦粉には、日々の活動を助けるエネルギー源・炭水化物が含まれています。広島お好み焼こだわりセットは、引きやすく伸びやすいお好み焼ミックス粉などがセットになっており、広島お好み焼きが美味しく出来上がります。

おいしい焼き方を見る

関西お好み焼き

基本の具材:
具材を混ぜたタネ(卵、小麦粉、キャベツ、青ねぎ、天かす、紅しょうが)、豚肉、お好みソース、マヨネーズ、青のり、かつお節
広く一般的なお好み焼き“混ぜ焼き”です。材料を刻んで混ぜて焼くだけですが、混ぜ方や焼き方を少し工夫するだけでふっくらおいしく仕上がります。

関西お好み焼き

かつお節Dried Bonito Flakes

かつお節には私たちの体に欠かすことのできないタンパク質をはじめ、リン、カリウム、ビタミンDなどが含まれています。

青のりSeaweed

海藻類の中でもマグネシウム含有量が高く、ビタミンB12やヨウ素などの栄養も含まれています。オタフクの青のりは国内産のすじ青のりを使用。鮮やかな色味と豊かな香りが食欲をそそります。

マヨネーズMayonnaise

主な原料は「たまご」「植物油」「酢」「塩」で、たまごにはビタミンAやD、ミネラル、脂質が含まれています。また、お酢も体に良いと言われており、適度にかけることでお好み焼きをおいしくします。

お好みソースOkonomi Sauce

オタフクお好みソースの原材料はおよそ1/4が野菜と果実。そこに、酢や塩などの各種調味料と焼く20種類の香辛料をブレンドしてつくられます。原材料に油を含まないノンオイルの調味料です。

豚肉Pork

豚肉はタンパク質だけではなく、体の組織づくりに役立つ必須アミノ酸・リジンなどが含まれています。体内ではつくれない必須アミノ酸は2つ以上の食材を組み合わせて摂るとよいといわれており、お好み焼きで卵と豚肉、Wの必須アミノ酸を摂ることができます。

具材を混ぜたタネThe Mix Batter and Vegetables

  • Egg

    卵は体に必要な栄養素のほどんどを含有し、食事から摂らなければいけない必須アミノ酸のバランスが良い、優秀な食品です。また、タンパク質の一部は加熱によって吸収率が上がるので、お好み焼きの調理法にピッタリです。

  • 小麦粉Flour

    糖質を含有する小麦粉ですが、豚肉に含まれるビタミンB₁はその糖質の代謝を促してエネルギーに変える働きがあります。小麦粉と豚肉というお好み焼きの組み合わせは、効率的なエネルギー生産が望めます。

  • キャベツCabbage

    キャベツはお好み焼きに欠かせない食材。甘みや食感といったおいしさはもちろん、ビタミンCやカルシウムなどの栄養素を含む、食卓の定番野菜です。また、胃粘膜の保護や消化吸収を促す作用が期待できる栄養素・ビタミンUを保有しています。

  • 青ねぎGreen Onions

    ねぎにはビタミンB₁の吸収を高めるといわれている香り成分・アリシンが含まれています。疲労回復につながるビタミンB₁は豚肉に含まれており、ねぎを加えることでさらにビタミンB₁を補給でき、疲労回復やスタミナアップにつながります。

  • 天かすPieces of Crisp Tempura

    天かすを入れることでお好み焼きの旨味が増します。オタフクの天かす天華は、小麦粉だけでなく、いか粉(スルメ100%)をブレンドした天かすです。

  • 紅しょうがPickled Red Ginger

    独特の風味がある紅しょうがには、血行を促進する辛味成分のジンゲロン、免疫力を強化するはたらきをするショウガオールが含まれています。香り成分シネオールは食欲を増進させ、健康的な毎日をサポートしてくれる食材です。

参考資料:『図解でわかる!からだにいい食事と栄養の教科書』(永岡書店)、『最新決定版 食材事典』(学研プラス)

おいしい焼き方を見る

メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

SNS・ブログ 公式アカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!