お多福醸造株式会社 otafukujozo

品質へのこだわり

豊かな大地と緑、そして清流…
恵まれた自然に包まれて大切に育まれるお多福の酢。
丹精込めてつくるこの一滴は「自然の恵みで天然の味覚をつくる」という私たちのこだわりの原点。「美味しさ」と「健康」をお届けします。

春夏秋冬 酢づくりの理想郷で生まれるこだわりの一滴 春夏秋冬 酢づくりの理想郷で生まれるこだわりの一滴

お多福醸造はオタフクソース株式会社の創業製品である酢の伝統を守り、醸造酢、みりん風調味料、料理酒、甘酒など醸造製品を専門に開発、製造、販売するために設立されたお多福グループ企業。
良い水と澄んだ空気、豊かな自然があふれる広島県三原市大和町で私たちは「自然の恵みで天然の味覚づくり」を守り続けています。

私たちは酢を大切に
育んできました

オタフクソース株式会社の創業者、佐々木清一は、多くの人々に喜んでもらえる商品をつくり出したいと考え、昭和13年、『お多福酢』と名付けられた健康的で味わい深い食酢の製造を開始しました。
以来、「お多福の基本は酢である」との考えがあります。
それは、酢を原材料として「ソース」「ケチャップ」「たれ」などの調味料を生みだしてきたからです。

塩味、甘味、酸味、苦味、旨味

酢は味の基本(五味=塩味・甘味・酸味・苦味・旨味)の中心であり、人間がつくりだした最初の調味料とも言える伝統の味覚。また、私たちお多福の出発点でもあるのです。

水へのこだわりは
品質へのこだわり

酢にこだわり続けてきたお多福が、酢をつくる理想の地として選んだのが広島県三原市大和町。 酒どころ西条に近いこの地に湧き出る水は、銘水として知られています。
このこだわりの銘水を使い、じっくり発酵させて品質のよい食酢を製造しています。

また、ここでは排水を浄化して敷地内に通し、生物との共存をめざす取り組みなど、環境づくりにも配慮しています。
工場のある大和町の近くには、日本海と瀬戸内海に流れる川の分水嶺があります。

手間ひまかけて、じっくりと深い旨みを育てる

食酢発酵では、昔ながらの「静置発酵法(表面発酵法)」と、食酢発酵装置で澄んだ空気を送り込む「深部発酵法(全面発酵法)」の2つの手法を採用しています。
静置発酵室には半地下式のタンクを設置。一定の温度に保たれた室内で時間をかけて、じっくり発酵させ、深い旨みを持った良質の食酢をつくっています。品質に徹底してこだわり、管理が難しく、手間ひまがかかる製法を採用しています。

環境への取り組み

おいしい水ときれいな空気、
そしておだやかな気候がなければお多福の商品は生まれません。
だからこそ、かけがえのない自然への感謝の気持ちを忘れず、私たちにできることから一歩一歩始めています。

資源の再利用

製造工程で生まれる、もろみなどの搾りかすのような副産物は、むやみに焼却処分するのではなく、極めて価値のある資源であると考えています。お多福醸造では、これらの副産物を近隣の牧場で牛の家畜飼料として使っていただいています。

水質汚濁の防止

醸造製品を生産する当社では、ISO14000システムのもとに、排水処理設備の管理や点検等を厳しく実施しています。

省エネルギーへの取り組み

地球環境への負荷軽減に取り組むため、工場設備の使用電力等を把握し、生産計画に応じてきめ細かなエネルギー管理を徹底しています。
雨水を冷却設備として使用したり、自然換気を活用したり、自然環境の小さなエネルギーも無駄なく使うように心がけ、省エネルギーに取り組んでいます。

日々のすてきな情報を配信しています

▼Facebookページはこちら▼

メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

SNS・ブログ 公式アカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!