お好み焼き | お好み焼士のてっぱん道場

中がとろっとしたたこ焼きは生地の配合で変わる!!食感と作りやすさ

たこ焼き


たこ焼屋さんで食べるたこ焼。中がとろっとしておいしいですよね!

とろっと作るコツって知ってますか?




とろっとは、実は粉に対する加水率で決まります。

水分が多いとやわらかくなり、少ないと固くなります

ここで「水分」と表現しているのは水だけでなく、だし汁や、乳製品などを使う場合もあるからです。

乳製品を使うと、粉っぽさが減ってクリーミーになりますよ

その場合は水の1割を牛乳に置き換えるのがオススメです。

一般的なご家庭用のレシピでは1に対して水分3の割合です


家庭用のたこ焼レシピはこちら↓↓↓

https://www.otafuku.co.jp/recipe/cook/taco/taco03.html


それに対して、大阪などのたこ焼専門店では、1に対して水分4かそれ以上配合されています

水分が多いと柔らかくとろっとしますが焼くときに表面が固まりにくく、焼くのが難しくなります。

 

初心者の方は粉1に水分3の割合でやってみましょう!

慣れてきたら水分を増やしてプロの味に挑戦してみてはいかがでしょうか?


メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

SNS・ブログ 公式アカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!