• 商品情報
  • お料理レシピ
  • お好み焼き
  • イベント・キャンペーン
  • 知る・楽しむ
  • 企業・採用情報
  • お客様相談室

お好みソースの雑学

お好みソースの歴史

ウスターソースとオタフクの誕生
佐々木商店

ソースの歴史は、「お好みソース」が登場する約100年前。19世紀中ごろに、英国・ウスター市でウスターソースが誕生したことに始まります。
日本に入ってきたのは、明治時代初めのこと。舶来品が珍しい当時、洋食にソースをかけて食べるのが人気となりました。時代が明治から大正へ進むにつれ、大衆にも洋食文化が花開き、ウスターソースの登場機会が増えていきました。

当社は1922年、広島市横川町で酒・醤油類の卸小売業「佐々木商店」として創業しました。商店では、醤油や酒を、お客様の好みに合わせて数種類を調合し、販売していました。この技術を活かし、1938年に醸造酢の製造を開始します。豊かな自然から湧出する良質の水にこだわり、天然の味わいがでるよう改良を重ね、出来上がったのが「お多福酢」。酢を食してもらうことによって、一人でも多くの人たちに幸福を広めたいと願っていました。

戦後にウスターソースづくり
香辛料

しかし1945年、原爆投下により店も家も全焼。
終戦を迎え、人々が戦後の復興へと向かう中、当社も翌年には広島市祇園町長束の酒造蔵を借り受け、醸造酢の製造を再開しました。

そして、1949年。「洋食の時代がくる」と、ウスターソースの製造に取り組み始めます。初めてのソースづくりは、香辛料を広島から大阪へ買いに行くことに始まり、野菜を手作業でピューレ状にしたり、釜でソースが焦げ付かないよう常にかき回したり、骨が折れる作業でした。
およそ1年がかりで、1950年に「お多福ウスターソース」の販売を開始します。

お好みソースの誕生
お好み焼き用ソース

苦労の末販売を開始したウスターソースですが、当時ソース業界では後発メーカーだった当社のソースは、なかなか取り扱っていただくことができませんでした。そこで、直接当社の味をみていただこうと屋台や飲食店の訪問を始めます。その中で訪問したのが、お好み焼き店。
その頃、一銭洋食が前身といわれるお好み焼きには、ウスターソースがかけられていました。一銭洋食は、昭和初期から戦前にかけて、屋台や駄菓子屋で売られる子ども向けの食べ物でした。その材料は、メリケン粉(小麦粉)の生地に、わずかにのせる魚粉やとろろ昆布、刻みネギなどの具材。仕上げにウスターソースか醤油、あるいはそれらを混ぜたものが塗られていました。戦後広島の復興とともに一銭洋食が進化したのがお好み焼きです。

出来上がったウスターソースを携え、お好み焼き店を一軒一軒訪問していくうちに、「サラサラとしたウスターソースはお好み焼きから流れ落ちて、すぐに鉄板の上で蒸発してしまう」など、ソースについての店主の悩みを知ります。そこから、お好み焼きに合うソースづくりの日々が始まりました。つくっては味をみていただいて・・・と店主とのやりとりを何度も重ねながら、味やとろみなどを調整し、お好み焼き用のソースが誕生したのは1952年のことでした。

お好み焼きにぴったりのソースを
お好み焼き

このお好み焼き用ソースの最大の特徴は、「とろみ」。様々なアイデアが、お好み焼きと相性の良い、とろみのあるソースを生み出しました。
その一つが「オリ」。ウスターソースをつくると、必ず野菜・果実のパルプ(食物繊維)や香辛料の粉末などが沈殿します。いつも廃棄していたこの沈殿物がオリです。オリには、栄養やコクもあるので、捨てるにはもったいない、なんとか使えないかと考えていました。そして、このオリを使ったあんかけ料理がヒントとなり、ソースのとろみづけに挑戦します。何度も試作を繰り返して、お好み焼きから流れ落ちにくく、具材とよく絡むソースができあがったのです。
ソースといえばウスターソースだった時代。「こんなドロドロのソースは気持ちが悪い」「ほんまにおいしいのか」と言われたこともありましたが、お好み焼きに合うとろみや、ウスターソースにはないまろやかな味は、しだいに認めていただけるようになりました。

このページの先頭へ