お好み焼きお好み焼きの歴史と未来

広島とお好み焼き

広島とお好み焼きは、戦後復興の歴史とともに発展してきました。
どのような流れを辿ってきたのか、ご紹介します。

戦争中の食生活

戦争中は食べ物が簡単に手に入らず、配給制で一人ひとりが決められた量をお金を払って買っていました。その量はやっと1日を生き延びられるほどわずかなもので、芋を主食に野菜や野草とお米を少し混ぜた汁のようなおかゆなどで空腹をしのぐ毎日でした。

お好み焼きは空腹をしのぐ食べ物

戦後、アメリカから支援物資として配給された少量の小麦粉を多めの水で溶き、ねぎやキャベツ、もやしなどを焼いて食べていました。
その後、広島市内にお好み焼きを売る屋台や店が増え始めます。当時の広島は鉄を扱う工場が多く、比較的鉄板を手に入れやすい環境でした。それでも、お好み焼きは空腹をしのぐ食べ物として、街の片隅でほそぼそと焼かれる存在にすぎませんでした。

戦前に親しまれた「一銭洋食」は、次第に「お好み焼き」に。

昭和30年代の店舗の様子

住宅の一部を改装した店舗が増加

昭和30年代になると、住宅の一部を改装してお好み焼きを提供する新しいスタイルが増えました。店主はおばちゃんが多く、広島のお好み焼きの普及を支えました。この頃から麺や豚肉を加えるようになり、広島のお好み焼きの原型ができました。

屋台から店舗へ

昭和40年以降、治安維持のため屋台が立ち退きの対象となり、お好み焼き店が集合する建物ができました。

カープ初優勝も全国へ広がるきっかけに

1975年に広島東洋カープがセ・リーグ初優勝。テレビ中継され、広島市内のお好み焼き店がテレビに映ったことにより、人々から注目されました。
その後、旅行ガイドブックにも掲載されるようになり、広島のお好み焼きは全国的に知られるようになりました。

広島県民にとって、お好み焼きはソウルフード。
観光客にとってはご当地グルメとして愛されています。

メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

SNS・ブログ 公式アカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!