• 商品情報
  • お料理レシピ
  • お好み焼き
  • イベント・キャンペーン
  • 知る・楽しむ
  • 企業・採用情報
  • お客様相談室

お好み焼きの雑学

お好み焼きの歴史

ああ、一銭洋食の頃
駄菓子屋のもんじゃ焼き
小麦粉を水で薄く溶いた生地に桜えびやきりきか、野菜などを混ぜて焼いた「もんじゃ焼き」が人気になりました。材料そのものは二束三文でも、家庭ではマネのできない大きな鉄板の威力によって焼くもんじゃ焼きに、子どもたちは新しい時代の到来を見て、ママゴト遊びと買い食いの楽しさを見出したのです。
洋風どんどん焼き「一銭洋食」

店先で買い食いするもんじゃ焼きに対し、テイクアウトできる「どんどん焼き」が登場しました。
東京では、いまひとつパッとしなかったらしい「どんどん焼き」ですが、思わぬひろがりをみせて日本の町々に根づいていきました。
地方によって呼称が多少異なるかもしれませんが、大阪、神戸、広島の「一銭洋食」です。

肉食の普及と海外からの新しい食品の輸入により、庶民の食生活も大きな変化が生じました。洋食のブームに伴い、どんどん焼きに洋食文化であるウスターソースをぬったものが登場しました。それが「一銭洋食」で、昭和初期にソースの香りと今までにない味が子供たちに大人気となりました。

「一銭洋食」のネーミング
なぜ「一銭洋食」なのか。すべては「駄菓子」という言葉から端を発します。
上品な駄菓子ではなく、道端で売られた菓子を、元禄の頃すでに「雑菓子」といい、のちにこれを「駄菓子」と呼んで、江戸庶民によろこばれていたそうです。
江戸文化が、絶頂期に達した文政頃、よい菓子がゆきわたるようになっても駄菓子の人気は衰えず、「一文菓子」といって、いろんな種類の駄菓子が売られていました。
昭和初期、一文菓子は「一銭菓子」と改名し、依然として駄菓子屋の主力商品としての地位を維持し続けます。
そこへ「どんどん焼き」が駄菓子屋に登場しました。そして洋食がブームとなり、そのどんどん焼きにウスターソースをぬったものが登場したのですが、どうみても菓子のイメージではありません。そこで洋食っぽいところから付いた名前が「一銭洋食」だったのです。
「一銭洋食」の作り方

ここまで読んでいただいた方の中には、一銭洋食を食べてみたくなった方は、少なからずいらっしゃると思います。
そこで、当時「一銭洋食」をどのように作っていたかご紹介します。

準備するもの
五十センチ四方の薄い鉄板。
七輪と練炭。
包装用の経木と古新聞。
材料
うどん粉(あまり上質でない小麦粉)、粉かつお、とろろ昆布、ネギ、天かす(揚げ玉)、紅しょうが、ソース。
つくり方
水でゆるく溶いたうどん粉の生地を、玉杓子に一杯分すくって鉄板にながす。
直径二十センチぐらいの薄焼きの上に粉かつお、ネギ、とろろ昆布をパラパラとのせ、つなぎの生地を三、四滴たらす。
適当なところでひっくり返し、一度ヘラで軽く押さえてまた表に返し、刷毛でソースをひと塗りして出来上がり。
真中にヘラで筋目を一本入れて、二つに折りたたみ、経木にのせてもう一度ソースをぬり、古新聞でくるんでできあがり。

このページの先頭へ