• 商品情報
  • お料理レシピ
  • お好み焼き
  • イベント・キャンペーン
  • 知る・楽しむ
  • 企業・採用情報
  • お客様相談室

世界お好み焼き

水溶き粉の生地にいろんな具を入れてこんがり焼きあげた味は、どこの国でも文句なくおいしいのひとことで完結します。

世界のお好み焼き(粉もの文化)

韓国
チヂミ

チヂミ

チヂミは韓国風お好み焼きの総称ですから、韓国旅行の際など、街のいたる所にある屋台をのぞいてぜひご試食を。これはニラ風味のチヂミです。

韓国
韓国
パジョン

パジョン

日本でもネギ焼きファンはたくさんいますが、韓国のやわらかいネギ(パ)と貝をふんだんに使ったパジョンは特に人気があります。酢で溶いた韓国の唐辛子ミソ、酢じょうゆをつけてどうぞ。

韓国
インド
チャパティ

チャパティ

カレー料理に欠かせない主食です。小麦の皮や胚芽もいっしょにひいた全粒紛を使用しています。かめばかむほど焼いた小麦粉の旨さがよく分かります。

インド
中国
春餅(チュビン)

春餅(チュビン)

少量のごま油が入った生地を薄く焼き、それにザーサイ入りの豚肉辛味炒め、ニラ玉、きゅうり、長ネギ、サニーレタスなどをのせて、好みで甜面醤《テイエンメンジャン》(中国の甘みそ)をつけて食べます。

中国
タイ
ホイトート

ホイトート

米の粉の生地に、貝と溶きたまごを加えてさっと焼いたタイのお好み焼きです。ホイはタイ語で貝のこと。小麦粉とちがい、サクサクとした米粉の軽い歯ざわりが特徴です。

タイ
ベトナム
バン・セオ

バン・セオ

ターメリックと卵黄を入れた生地ですから、焼くと黄色いオムレツのようなお好み焼きに仕上がります。具はエビ、豚肉、もやし、ニラなど。ニョクマムが味のひきたて役。

ベトナム
インドネシア
マルタバ

マルタバ

ほとんどたまごといえるぐらいの水溶き粉を薄く大きくひろげて焼き、半焼けの皮の上に、たまごと牛ミンチ、ニンジン、ネギを混ぜた具をのせ、半分に折りたたんで蒸し焼きにします。

インドネシア
バングラデシュ
ピタ

ピタ

米粉を使った、たいへんシンプルなお好み焼きのような感じです。生地にたまごを少し加え、具はスライスした玉ねぎ、それに小口切りにしたネギと赤唐辛子だけ。焼き色がついたら出来上がり。

バングラデシュ
トルコ
クイマル・ピデ

クイマル・ピデ

さすがトルコはアジアとヨーロッパの十字路。日本のお好み焼きと、イタリアのピザがドッキングしたような国際色ゆたかなトルコのお好み焼きです。

トルコ
スリランカ
マスロティー

マスロティー

お好み焼きは“混ぜ焼きタイプ”“薄皮タイプ”の大きく二つの種類に分けることができます。その点マスロティーは広島お好み焼きにそっくり。違うのはシナモンとココナツオイルの香り。

スリランカ
メキシコ
タコス

タコス

一晩水に漬けたトウモロコシをすりつぶし円盤状に焼いたのがトルティーヤ。これに肉、豆、野菜などを包みチリソースで食べるメキシコ人の主食です。

メキシコ
イタリア
ピッツア

ピッツア

ピッツアは、南イタリアのカンパニア地方の名物です。やはり良いトマトがとれるからでしょう。トマトとともにピッツアは生地づくりが生命で、旨さをひきだすためにいろいろ創意工夫がこらされています。

イタリア
アラブ
ムルタバ

ムルタバ

サラダ油を少し入れた生地を鉄板に四角に流す。ニンニク、玉ねぎ、牛ひき肉をクミンシードとカレー粉で炒めて生地の上にのせ、四隅を四角にたたんで焼いたアラブ風のお好み焼きです。

アラブ
カンボジア
マンチャオ

マンチャオ

米とココナッツの粉にたまご、水、調味料を加えて作ったタネを、エビ、イカ、豚肉とともフライパンで焼く。その上にもやし、玉ねぎ、長ネギなどをのせ、オムレツのように二ツ折りにして焼き、甘酸っぱいタレをつけて食べます。

カンボジア

このページの先頭へ